実用敬語辞典 by

実用敬語辞典 by 3秒敬語

ビジネスメールや取引先との会食で絶対に間違えられない敬語。
意外と忘れがちな単語について、使い方や例文、よくある間違いを解説していきます。

目次(クリックしてジャンプ)

・尊敬語、謙譲語、丁寧語の違い

尊敬語、謙譲語、丁寧語の違い

尊敬語、謙譲語、丁寧語は、いずれも日本語の敬語に分類されますが、それぞれ異なる目的と使い方があります。以下にその違いを詳しく説明します。

・尊敬語 (そんけいご)

目的: 話し手が相手(主に目上の人)の行動や状態に対して敬意を表すために使用されます。
特徴: 相手の動作や状態を高める表現。
例:
動詞の変換例: 「言う」→「おっしゃる」、「来る」→「いらっしゃる」、「食べる」→「召し上がる」
表現の例: 「社長がいらっしゃいました。」

・謙譲語 (けんじょうご)

目的: 話し手が自分や自分側の人の行動をへりくだって表現し、相手に敬意を表すために使用され
例:
動詞の変換例: 「言う」→「申す」、「行く」→「参る」、「見る」→「拝見する」
表現の例: 「私が申し上げます。」

・丁寧語 (ていねいご)

目的: 話し手が聞き手に対して丁寧な態度を示すために使用されます。話し手自身の行動や相手の行動に関係なく、話全体を丁寧にする。
特徴: 動詞や名詞に「です」、「ます」、「ございます」を付けることで丁寧さを表現。
例:
動詞の変換例: 「食べる」→「食べます」、「行く」→「行きます」
表現の例: 「こちらがレポートです。」

・違いのまとめ

尊敬語: 相手の行動を高める表現。相手の動作や状態に使います。
謙譲語: 自分の行動を低める表現。自分や自分側の人の動作や状態に使います。
丁寧語: 話全体を丁寧にする表現。特に相手や自分の動作に焦点を当てるわけではありませんが、全体的な敬意を示します。

これらの敬語の違いを理解し、適切に使い分けることで、より正確で敬意を持ったコミュニケーションが可能になります。

こんな記事読まずに、さっさと翻訳しない?