実用敬語辞典 by

「来る」は謙譲語で何という?使い方やよくある誤用、例文を解説

update

2024/07/15

ビジネスメールや取引先との会食で絶対に間違えられない敬語。
意外と忘れがちな単語について、使い方や例文、よくある間違いを解説していきます。

尊敬語、謙譲語、丁寧語の違いを解説

尊敬語、謙譲語、丁寧語は、いずれも日本語の敬語に分類されますが、それぞれ異なる目的と使い方があります。以下にその違いを詳しく説明します。

・尊敬語 (そんけいご)

目的: 話し手が相手(主に目上の人)の行動や状態に対して敬意を表すために使用されます。
特徴: 相手の動作や状態を高める表現。
例:
動詞の変換例: 「言う」→「おっしゃる」、「来る」→「いらっしゃる」、「食べる」→「召し上がる」
表現の例: 「社長がいらっしゃいました。」

・謙譲語 (けんじょうご)

目的: 話し手が自分や自分側の人の行動をへりくだって表現し、相手に敬意を表すために使用され
例:
動詞の変換例: 「言う」→「申す」、「行く」→「参る」、「見る」→「拝見する」
表現の例: 「私が申し上げます。」

・丁寧語 (ていねいご)

目的: 話し手が聞き手に対して丁寧な態度を示すために使用されます。話し手自身の行動や相手の行動に関係なく、話全体を丁寧にする。
特徴: 動詞や名詞に「です」、「ます」、「ございます」を付けることで丁寧さを表現。
例:
動詞の変換例: 「食べる」→「食べます」、「行く」→「行きます」
表現の例: 「こちらがレポートです。」

・違いのまとめ

尊敬語: 相手の行動を高める表現。相手の動作や状態に使います。
謙譲語: 自分の行動を低める表現。自分や自分側の人の動作や状態に使います。
丁寧語: 話全体を丁寧にする表現。特に相手や自分の動作に焦点を当てるわけではありませんが、全体的な敬意を示します。

これらの敬語の違いを理解し、適切に使い分けることで、より正確で敬意を持ったコミュニケーションが可能になります。

「来る」の謙譲語は?

「来る」の謙譲語としては、「伺う」、「参る」、「お邪魔する」などがあります。それぞれの使い方や意味の違いについて説明いたします。

伺う(うかがう)

「伺う」は、主に「訪問する」という意味で使われる謙譲語です。また、「聞く」や「尋ねる」という意味でも使われます。
例:明日、御社に伺います。

参る(まいる)

「参る」は、特に神社やお寺などを訪れる際に使われる謙譲語ですが、広い意味で「行く・来る」を謙譲して表現する場合にも使えます。
例:午後3時に参ります。

お邪魔する(おじゃまする)

普通は「邪魔をする」という意味でも使われますが、謙譲語としても使われ、「訪問する」という意味になります。ただし、この表現は上の2つと比べると尊敬の程度が低いことに注意が必要です。
例:後ほどお邪魔させていただきます。

こんな記事読まずに、さっさと翻訳しない?

「来る」の謙譲語のよくある誤用

「来る」の謙譲語に関連する一般的な誤用と、それらがなぜ間違っているのかについて解説します。

・「参りますです」

誤用理由: 謙譲語としての「参る」に丁寧語を加えると過剰になり不自然です。「参ります」と「です」を重ねることにより過剰となります。
例:× 私が参りますです。

使う際の注意点

「来る」の尊敬語を使う際には、以下のポイントに注意することが重要です。

1. 文脈:自分の言動に対して使うこと。

2. 二重敬語を避ける: 「参り致します」などの二重敬語は避ける。

3. 相手の立場:相手が上司や取引先など、敬意を示すべき人物かどうかを考える。友人や同僚に自分の動作を謙譲語で表すことは不自然であり、適切とは言えません。

4. 重複:謙譲語と尊敬語を重複して使わないように注意する。例えば、「お参りなさいます」などは不適切です。

これらのポイントを押さえておくことで、「来る」の謙譲語を適切に使うことができ、相手に対する敬意を正しく示すことができます。

「来る」の謙譲語を使った例文

いくつか「来る」の謙譲語を用いた例文をご紹介します。

1. 本日はお忙しいところ、わざわざ参りましてありがとうございます。
2. 明日、午後2時に御社に参りますので、よろしくお願いいたします。
3. プレゼンテーションの資料を持って参りました。
4. 来週のミーティングには必ず参ります。
5. 午後3時にお客様先に参ります予定です。
6. 私どもが参りました際には、是非ご相談ください。
7. 明日の会議には全員で参る予定です。
8. お手数をおかけしますが、オフィスに参る前にご連絡いたします。
9. 申請書類を提出するため、担当部署に参ります。
10. 私が社長と共に参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

これらの例文を自分で敬語を書く際の参考にしてください。

「来る」の謙譲語を使ったビジネスメールの例

「来る」の謙譲語を使ったビジネスメールの例をご紹介します。

件名: 打ち合わせのお願い

株式会社□□□
営業部 山田様

お世話になっております。株式会社○○○の佐藤と申します。

この度は、新製品のご提案についてお話を伺いたく存じます。
つきましては、以下の日程で御社に伺わせていただきたく思います。

【訪問日時】
9月15日(木) 14:00〜
9月16日(金) 10:00〜

ご都合の良いお時間をお知らせいただければ幸いです。

ご多忙のところ誠に恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

株式会社○○○
営業部 佐藤

解説
このメールの中では「伺わせていただきたく」という表現を使用していますが、これを「参りたく」とすることができます。具体的には、「つきましては、以下の日程で御社に伺わせていただきたく思います」の部分を「つきましては、以下の日程で御社に参りたく存じます」と表現することができます。
「来る」の謙譲語について、意味やほかの言い方、例文をご紹介しました。敬語を正しく扱うことで、日常生活やビジネスシーンでのコミュニケーションが格段に取りやすくなるため、常に正しい敬語を使うよう心がけましょう。