実用敬語辞典 by

「聞く」の尊敬語は?正しい使い方や例文、失礼にあたる言い方を解説

みなさん、こんにちは!今回は「聞く」の尊敬語について、わかりやすく解説していきます。ビジネスシーンで使う機会の多い言葉だけに、正しい使い方をマスターしておきたいですよね。上司や取引先に失礼なく、スムーズにコミュニケーションを取るコツをお教えします!

この記事では、「お聞きになる」「お尋ねになる」といった尊敬語の使い方はもちろん、よくある間違いや注意点まで、具体的な例文を交えてご紹介。ビジネスメールでの使い方も押さえていきますよ。

「聞く」の敬語をマスターして、ビジネスシーンでのコミュニケーションを円滑に進めましょう!

update

2024/07/15

「聞く」の尊敬語は?

「聞く」の尊敬語としては、「お聞きになる」「お尋ねになる」などが挙げられます。それぞれの使い方や意味の違いは以下の通りです。

・「お聞きになる」

一般的な「聞く」の尊敬語。相手の話を単純に聞く際に用います。

・「お尋ねになる」

「聞く」が質問や確認など、特定の情報を求める意味で用いられる時に用います。

こんな記事読まずに、さっさと翻訳しない?

「聞く」の尊敬語のよくある誤用

尊敬語として誤って使われる例と、間違っている理由を解説します。

・聞かれる

「聞く」に尊敬の助動詞「れる」が付いた形です。尊敬の意味を含みますが一般的に「お聞きになる」よりも尊敬の度合いが低く、目上の人の動作に使う際には注意が必要です。

・お聞かれる

尊敬語表現としては不自然で、正確な尊敬の意を伝える表現ではありません。「お聞きになる」「お尋ねになる」が正しい表現です。

使う際の注意点

「お聞きになる」という敬語を使う際には、以下のポイントに注意することが重要です。

1. 使用する場面と相手

上司、顧客、先生、年長者などに対して使います。友人や同僚など、対等な関係の相手に対して使うことは適切ではありません。

2. 敬意の強さ

「お聞きになる」は強い敬意を示す表現です。過剰に使うと不自然に感じられることがあるため、適切な場面で使うことが大切です。逆に、目上の人に対して使わないと失礼になることがあります。

3. 敬語の使い分け

「お聞きになる」以外の尊敬語や謙譲語、丁寧語と組み合わせて使うことが求められます。例えば、「拝聴する」などの謙譲語を適切に使い分けることで、全体的にバランスの取れた敬語表現が可能です。

4. 正しい文脈で使う

「おっしゃる」は相手の発言に対して使うため、相手が実際に何かを言った場合にのみ使います。自分の行動や状態に対しては他の表現を使う必要があります。

5. 冗長な表現を避ける

「お聞きになる」はすでに敬意を含んだ表現ですので、さらに「なさる」などを付け加えると冗長になります。例えば、「お聞きなさる」といった表現は避けましょう。

これらのポイントを押さえておくことで、「お聞きになる」を適切に使うことができ、相手に対する敬意を正しく示すことができます。

例文

いくつか「聞く」の尊敬語を用いた例文をご紹介します。

  • お話をお聞きになりましたか。
  • 先日の会議内容についてお伺いになりましたか。
  • あの件についてお尋ねになりたいことはございますか。
  • 講演の内容をみなさま、ご拝聴なさるとのことです。
  • 社長のご意見をお聞きになりたい方はいらっしゃいますか。
  • 昨日のプレゼンテーション、お聞きになられましたでしょうか。
  • 先生の講義をお伺いになる機会をいただきました。
  • その件についてのご意見をお尋ねになりたいと存じます。
  • 来週のスピーチをぜひお聞きになってください。
  • 上司の指示を常に伺うよう心掛けています。

これらの例文をご自分で敬語を書く際の参考にしてください。

こんな記事読まずに、さっさと翻訳しない?

「言う」の尊敬語を使ったビジネスメールの例

お聞きになるを使ったビジネスメールの例をご紹介します。

----------------------
件名: お打ち合わせの日程についてのご相談

○○株式会社
△△部 佐藤 様

いつもお世話になっております。
△△株式会社の山田です。

さて、次回のお打ち合わせの日程についてご相談がございます。貴社のご都合の良い日程をお聞きかせ願えますでしょうか。

下記の候補日をご参照いただき、ご都合のよろしい日時をお知らせいただけますと幸いです。

日程1:○月○日(火)○○:○○

日程2:○月○日(木)○○:○○

日程3:○月○日(金)○○:○○

ご多忙のところ恐縮ではございますが、ご確認のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

△△株式会社
営業部 山田 太郎
------------------------------------

解説:「貴社のご都合の良い日程をお聞きかせ願えますでしょうか」という部分で「お聞きになる」を用いて、丁寧に相手の都合を伺う表現にしております。このようにすることで、ビジネスメールにおける敬意をしっかりと伝えることができます。

まとめ

いかがでしたか?「聞く」の尊敬語「お聞きになる」「お尋ねになる」について、使い方や注意点をご紹介しました。ビジネスシーンでは、相手への敬意を示すことがとても大切。特に目上の方には適切な敬語を使うことを心がけましょうね。

状況に応じて「お聞きになる」「お尋ねになる」を使い分けることで、よりスムーズで丁寧なコミュニケーションが可能になります。また、「聞かれる」「お聞かれる」などの誤用に気をつけるのもポイントですよ!

敬語は難しく感じるかもしれませんが、使いこなせるようになれば、相手への配慮が伝わり、自分の言葉遣いにも自信が持てるようになります。この記事で学んだことを日々のコミュニケーションに活かして、素敵な人間関係を築いていってくださいね。がんばって!


前の記事

「聞く」は謙譲語で何という?使い方、例文を解説


次の記事

「来る」は謙譲語で何という?使い方、例文を解説